会社概要

創業1902年、新潟県三条市で創業以来ものづくり一筋の会社です。三条市は、日本有数のものづくりの街「燕三条」にあります。江戸時代、農民の副業として和釘作りが推奨されたことがものづくりの始まりです。地場で材料となる鉄が採取されたこともあり、金属加工業が発展していきました。
創業時(明治から大正)、私たちは木製タンスの金具部品を手作業で作っていました。昭和初期は錠前、スキー金具などを製造し、昭和30年頃には機械式のプレス加工機を導入しました。卓球台、鍋などの日用品、産業機械部品など、時代のニーズに柔軟に対応し様々なものづくりをし続けてきました。
現在は、農業機械部品や建築金物の製造が主力製品ですが、最終ユーザ向けの自社商品ブランド「GRAVIMORPH(グラビモルフ)」を立ち上げ、開発・販売もおこなっています。

朝日をあびた雪景色
野崎製作所の野崎喜一郎

代表取締役  野崎 喜一郎

当社の位置する三条市は、25,000年前の遺跡が発掘されるなど古くから金物の街として栄えてきました。当地は、製造に関わる総ての工程をまかなえる工業地帯であり、様々な製品を生みだす可能性を秘めた地域でもあります。
 この中にあって近年の当社は、金属プレス加工業として農業機械部品、建築金物、通信機器部品等の製造をおこなってきました。生産が海外へシフトし続ける厳しい状況下において、これからもお客様の要求する品質を的確に把握し、安心感と満足感を提供し続けるように日々努力し、信頼される会社を目指します。

会社情報

社名

株式会社野崎製作所 (英語表記:Nozaki Limited)

設立

1902年4月

法人化

1970年5月14日

住所

新潟県三条市塚野目2134-1(〒955-0055)

登記簿住所

新潟県三条市田島二丁目12番12号

代表取締役(CEO)

野崎 喜一郎 (4代目社長)

電話番号

0256-32-3667

Eメール

info@nozakilimited.co.jp

カンパニーサイト

https://www.nozakilimited.co.jp

資本金

1000万円(令和3年1月31日現在)

従業員

10名(令和3年1月31日現在)

事業内容

  • 金属/樹脂プレス加工、板金加工、熔接/組立、タップ、ロール、設計等
  • 自社商品の開発、製造、販売
  • ものづくり体験サービス

対応資材

鉄、ステンレス、アルミニウム、銅、マグネシウム、ポリカーボネイド、ポリプロピレン 他

取引銀行

  • 三条信用金庫(一ノ木戸支店)
  • 大光銀行(東三条支店)
  • 第四北越銀行(三条東支店)
新潟県三条市の野崎製作所は創業1902年のものづくり企業

アクセス

新潟県三条市塚野目2134-1
TEL: 0256-32-3667
高速道路(北陸自動車道)三条燕ICより車で15分
新幹線(上越新幹線)燕三条駅から車で15分

Google Maps のコンテンツは現在の Cookie 設定では表示されません。"コンテンツを見る"を選択し、Google Maps の Cookie 設定に同意すると閲覧できます。詳細は Google Maps のプライバシーポリシーをご確認ください。Cookie の利用は、Cookie 設定からいつでも変更できます。

コンテンツを見る

お問い合わせ

TEL: 0256-32-3667

営業時間【平日 8:00-17:10】

info@nozakilimited.co.jp

メールフォームはこちら

会社沿革

1902年4月

屋号「野崎久左衛門」 
野崎與七(初代社長)
新潟県三条市田島2448番地 
木製家具の金物部品を製造開始

1953年3月

野崎春七(2代目社長)
三条市田島2513-10に第2工場増設
当時、錠前金物、スキー金具を製造
この頃より機械式プレス機を導入

1965年4月

三条市三竹下川原706-5
製造工場を移転

1970年5月

野崎喜興志(3代目社長)
資本金500万円をもって法人化
株式会社野崎製作所 設立

1980年7月

資本金1000万円に増資
卓球台や日用品、産業用機械部品を製造

1995年11月

三条市塚野目2134-1
プレス工場を新設

2007年6月 

上記敷地にスポット熔接・組立工場増設。本社を同住所へ移転

2014年10月

ものづくり体験サービス
「NOZAKIN FACTORY」 展開

2019年12月

自社商品ブランド販売開始
「GRAVIMORPH(グラビモルフ)」